不動産を担保にローンを組む方法

銀行じゃなくても貸してくれるの?

不動産 ローン

不動産を担保にお金を借りるなら、不動産担保ローンが一番スタンダードでしょう。

 

不動産を担保にお金を借りるなら不動産担保ローン

 

不動産担保ローンは、その名の通り、不動産を担保にして銀行からお金を借りる方法です。クレジットカードのキャッシングの場合、クレジットカードを使う人の信用を元に無担保でお金を貸してくれるのですが、不動産担保ローンの場合は、その人の信用と不動産の評価額とを総合して審査してお金を貸してくれる制度です。もちろん無担保よりも多額のお金を借りることができます。ただし、不動産というのは売りたいと思っていてもすぐに売れるものではないので、不動産の評価額よりも貸付限度額は低めに設定されることがあります。

 

 

ノンバンクの不動産担保ローンのメリットは?

 

不動産担保ローンがあるのは銀行ばかりではありません。銀行以外の金融機関も不動産担保ローンを行っています。こちらも検討に入れてみることをおすすめします。と言うのも、ノンバンクは、銀行の不動産担保ローンにはないメリットがあります。
ノンバンクの不動産担保ローンでは、銀行では融資は難しいと言われる二番抵当でも融資が可能な場合があります。直前の事業の決算が悪くても、事業計画や将来性など総合的に判断をしてもらえます。不動産担保ローンを検討しているのであれば、ノンバンクへの相談も考えてみるのはいかがでしょうか。

 

 

諸費用がかかることを忘れずに

 

不動産担保ローンを利用する場合、金融機関によっても若干違いますが、通常手続きに費用が発生します。事務手数料、不動産鑑定費用、印紙代、抵当権設定の登記費用などです。借入れ額によっても金額は変わりますが、合計で数十万円かかることもありますので、これらの諸費用もしっかり計算に入れておきましょう。

 

 

【まとめ】

 

不動産担保ローンを活用するにあたっては、銀行だけでなく、ノンバンク系のサービスも検討することをおすすめします。不動産によってはノンバンクのほうが有利な審査を行ってくれることがあります。借入希望額や自身が持つ不動産の価値を自分でもしっかりと把握した上で申請に臨むようにしましょう。