彼女にお金を借りるときの心得

別れる覚悟はあるかい?

彼女 お金借りる方法

たとえ関係の近い彼女と言えども、結婚していない限りは他人であることには違いありません。

 

 

借りるからには返すことを前提にする

 

た彼女から借りても借金は借金です。当たり前のことのようですが、返す前提で借りるようにしましょう。別れたら借金がチャラになるなんてことはありません。お金を貸して欲しいと言われた彼女の立場に立って考えてみてください。金額にもよるとは思いますが、返してくれるのか不安になることでしょう。そこで、きちんと借用書を作成し、本気で返済する意思を見せましょう。そうすることで、彼女も安心感が生まれれば、快くお金を貸してくれるはずです。紙に証拠を残す。そしてきちんと返済する。これが大事です。

 

 

理由は明確に伝える

「スロットで負けたから金貸してくれ」「飲み会に行く金がないんだ」そんな理由でお金を貸してくれると思いますか?逆に「そんな理由でお金がなくなるの?」と不信感を抱かれるきっかけになってしまうでしょう。そこで、自分自身の信頼を損なわないためにも、納得のいく理由を明確に伝えましょう。例えば、「事故ってしまって車の修理代がかかる」「引越しの際に敷金礼金がかかる」「友達の結婚式が続いてしまって」などなど、特別な理由があれば、これは今回だけのことなのだと考え、お金を貸してくれるかもしれません。さすがに慢性的にお金をせびられそうなイメージを抱かさせるのは今後の関係性においてもマイナスしかありません。

 

 

別れる覚悟をして借りる

借用書をしたためても、きっちり返済の計画を立てていても、正当な理由があったとしても、こじれるときはこじれるのが人間関係です。もし、ささいなことでケンカをしたとして、彼女が借金の話を持ち出してあなたを責めたとしたら、ケンカはみるみる間に大きくなっていくでしょう。そう、借金は二人の関係に地雷を埋め込んだのと同じです。どうしても彼女からお金を借りなくてはならなくなった場合は、最悪別れることも想定して借りることをおすすめします。

 

 

【まとめ】

結論を言うと、彼女にお金を借りるというのは非常にややこしいことです。お金によって二人の関係は脆くなることはあれども、強くなる可能性は薄いでしょう。最悪、彼女と別れることまで想定して借りるかどうか検討するのがよいでしょう。別れたくない大切な彼女だったら、やめておくのが上策です。