携帯 料金 滞納

滞納した携帯代を即日支払う方法

どうしても今日中にお金を借りる!

 

早く携帯を使えるようにしたいですよね。

 

携帯料金 滞納

 

 

携帯代滞納の取り立ての電話は消費者金融より恐ろしい

 

スロットにハマってしまい、4社の消費者金融から借金をしました。

 

消費者金融の返済を滞らずにしていましたが、そのうち携帯代が払えなくなりました。

 

1カ月滞納しただけでは数十円の延滞料金がかかるだけで携帯は使用できました。

 

2カ月滞納すると携帯は使用できなくなりました。それでも携帯料金を払えず放置していると、支払いを促す手紙が毎月送られてきました。

 

数か月携帯代を払わずに放置していると、手紙は来なくなりましたが、自宅の固定電話に聞いたことがない会社から「お金を返せ。」と電話が来ました。

 

お金を借りた覚えのない会社からの電話だったので「お宅からはお金を借りていません。」と言いましたが、「お金を返せ。」の一点張りでした。

 

消費者金融から借りているお金はきちんと返済していたので、なぜ聞いたことがない会社から取り立ての電話が来るのか不思議でしたが、携帯会社は一定の期限を過ぎても支払いがない場合、他の会社に委託するようでした。

 

電話の内容はエスカレートしていき、「髪むしってやるか。」などと言われました。
今さら携帯会社に行くのは勇気がいりましたが、電話が怖くなり勇気を出して携帯会社に出向き、滞納しているお金と滞納金を払いました。

 

2度とそこの携帯会社とは契約できなくなってしまいましたが、支払いを終えると知らない会社からの取り立ての電話はなくなりました。
消費者金融の取り立ては怖いイメージだったので、優先させて携帯代を後回しにしてしまいましたが、携帯代の取り立ても同じくらい怖いです。

 

毎月携帯電話料金滞納のリスク

携帯電話を利用し始めて、10年以上になりますが、5年ほど前から携帯電話料金の滞納を頻繁に毎月続けるようになってしまいました。

 

その理由を一言でいえば、お金がない、です。

 

これまで長期間、派遣社員で働いてきました。派遣という雇用形態の場合、ボーナスもなく時給制で、毎月毎月ギリギリの生活を強いられます。

 

その為、携帯電話料金の支払いも厳しく、毎月のように滞納してしまいました。滞納してはいたものの、携帯電話会社から特に何も言われず、過ごしていましたが、滞納には大きなリスクがあったのです。

 

最近、スマホに乗り換えようと販売店で購入しようとした所、スマホ購入を携帯電話会社側から断られてしまいました。

 

スマホは本体価格ゼロ円でお得だったので、乗り換えようと思ったわけですが、本体ゼロ円とは月々の分割払いという意味だったのです。

 

毎月、料金を滞納していた自分は審査に通らず、断られてしまったという経緯です。
携帯会社側は具体的な理由は示しませんでしたが、携帯料金の滞納も頻繁に続くと信用情報機関に登録されてしまい、信用にキズが付いてしまうと後々知りました。

 

金融機関の借入の滞納に関しては、信用情報機関に登録されることは知っていたのですが、携帯電話料金の滞納は盲点でした。
幸い、別の携帯会社でスマホの購入ができ、今は、別会社のスマホでネットなどをしています。

 

販売店で断られた時には、スマホへの期待感が一気に挫折感に変わったことを覚えています。

 

本当に苦い経験でした。

 

今すぐお金を借りる

 

携帯代支払いの盲点

毎月銀行口座から自動引き落としで携帯電話代を含めた諸々の料金を支払っていた私。

 

あれはいくら、これはいくらと大体毎月想定できるので、その分だけを毎月入金していた。

 

ローンと利子の支払、光熱費の支払、そして最後に携帯電話代の引き落としって順番なのだがこれが盲点だった。

 

光熱費の支出がいつもより少しだけ多かったのだ。結果携帯電話代の支払に僅かに金額が足りない事態になっていた。

 

しかし私は入金した段階で大丈夫だと思っていたし、携帯電話会社からの連絡なんて当然ないから全く気にしていなかった。そんなある日の朝、携帯を見ようと思い電話を手に取る。Twitterを見ようとしたら繋がらない。見れなくなっていた。けど私はTwitterのトラブルだと合点していた。

 

ならばとFacebookを見ようと思ったら、こっちも見れない。私は嫌な予感がした。

 

携帯が止められた?そこで初めてこっちの問題だと把握した。

 

しかし時間はない。急いで近所のコンビニATMに出向いて口座の残高を確認する。残高は異様に多い。全く引き落としされていなかった。私は慌てて財布のなかに入っていた1000円札を入金する。

 

これで一先ず大丈夫だ。暫く移動中は携帯をいじれないストレスを感じながら気がついたら引き落としが完了していたらしく、携帯は利用可能になっていた。メールが来てないから調べたら一件も来てなかったのは悲しかったが一先ず安心した。

 

夜家にかえって郵便受けを見ると、携帯会社からの催促が来ていた。

 

私は色々とぐったりとしてしまった。