結婚したいけどお金がない時、消費者金融がおすすめな理由

使いやすくて、借りやすい

結婚 消費者金融

結婚式っていくらかかるの?

いざ結婚式を行おうと思っても先立つものがない、今の貯金で足りるの?という心配はもっともです。

 

というよりも、そもそも結婚式を行うのに費用はどのくらいかかるものなのでしょうか。結婚式の相場は平均して招待客が70人?80人来る場合で300万円?350万円だと言われています。

 

えー、そんなにお金ない!と思われるかもしれませんが、ご安心ください。

 

結婚式にはお祝儀というものがありますから、実際の自己負担は100万円といったところでしょう。
それでも大金には違いありません。

 

現在は小さな結婚式というものはやっていて、10万円?20万円ほどで執り行うことも可能です。

 

 

意外と多額の借金も可能

100万円にしろ10万円にしろ、お金がない人にはどちらも同じこと。

 

どこかから調達しなくてはいけません。そんなとき消費者金融がぱっと思い浮かぶかもしれません。

 

しかし、10万円くらいならまだしも100万円なんて無理でしょと思われる方もいるでしょう。

 

いやいや、消費者金融って意外とお金貸してくれるものなのです。実は限度額は300万円?1000万円と思った以上に高額です。

 

支払い能力ありと認められ、審査が無事通れば100万円を借りることができます。

 

 

ブライダルローンてなあに?

結婚式の資金調達を調べていくと必ず「ブライダルローン」という言葉に当たります。

 

ブライダルローンとはなんでしょうか?
ブライダルローンとは文字通り結婚に関する費用をまかなうためにローンを組むことです。

 

結婚式場などが設定をしていることが多いです。しかし、ブライダルローンは目的ローンとも言って、決まった用途にしか使うことは認められません。

 

結婚式の準備のために必要だと思うものがあったとしても、ローンの内容と合っていなければ使うことが出来ないのです。
非常に不便だと言えます。また、審査も厳しいところが多く、自営業など不安定な職の人はローンが通るかどうか難しいところです。

 

一方、消費者金融であれば、ブライダルローンと比べ、審査は易しいところが多く、用途も制限されないので使いやすいと言えます。

 

 

【まとめ】

結婚式をするためには多額の費用が必要なことは間違いありません。そんなとき、使いやすくて、借りやすいのは消費者金融でしょう。

 

また、お祝儀ですぐに返済できる目処が立っているのならなおさら、消費者金融がめんどくさくなくて、一番便利です。