妊娠、出産はお金がかかる理由

妊娠も計画的に

出産 お金

妊娠、出産はお金がかかる

 

妊娠が発覚した場合、病院に健診に行くことになりますが、通常は正常な妊娠や出産には「健康保険」が適用されず、その費用は全額自己負担になります。

 

健診にかかる費用の平均は、1回につき約5000円。加えて検査費用も自己負担となり、1回の健診の支払いが合わせて1万円ということも。

 

正常な妊娠だと、健診は月に1回から4回(お腹の赤ちゃんの月齢に合わせて)といったところです。

 

平均すると健診費用の総額は約10万円にもなります。

 

もちろん、出産にもお金がかかります。
一般的な総合病院では、分娩費と入院費で40万円くらい。

 

個室に入ると差額ベッド代が別に必要になってきます。また「セレブ出産」と言われるような病院もありますよ。

 

このような病院だと出産費用で100万円以上というのも珍しくありません。さて、このお金をどこから調達しようかが悩みどころですよね。
ましてや、「できちゃった」人であれば尚更です。

 

 

なかなか手元に入ってこない出産一時金

きちんと健康保険に入っている一限定ですが、出産には出産一時金が行政から支給されることになっています。

 

自治体によりけりですが、約40万円前後です。前述もしましたが、健診、出産費用は合わせて約50万円?60万円ほどかかります。
40万円支給されるのなら、残り10万円くらいじゃないかと思うかもしれませんが、大きな落とし穴です。出産一時金は出産後の申請になり、健診や入院にかかったお金は自分たちで立て替えておかねばならないのです。

 

一時的にせよ、お金が必要になります。そんな場合には消費者金融がオススメです。
出産一時金が支給されるまでのつなぎとして使うのが良いでしょう。

 

 

出産後もお金がかかることばかり

 

医療費は全て支払ってほっとしたのも束の間、子どもが産まれるということは、赤ちゃんの産着や洋服やおくるみ、おむつ、哺乳瓶、ベビーカー、チャイルドシートなど次から次へと必要なものが発生します。それこそ一時的に出費が重なることでしょう。こんなときもやっぱり気軽にお金が借りられるといいですよね。そうするとやっぱり消費者金融が一番便利なので、オススメです。

 

【まとめ】

妊娠、出産は一時的にものすごくお金がかかります。計画的な妊娠じゃない場合は準備もできてなく、その衝撃も大きいことでしょう。そんなとき、消費者金融なら低金利で、必要な額を借り入れることができます。シングルマザーでも大丈夫です。出費も返済もちゃんと計算して計画的に借り入れをすることをお勧めします。返済も妊娠も計画的に。