お金がない人が離婚にかかる費用を調達する方法

縁もお金も最後はきれいに

離婚 費用

突然慰謝料なんて捻出できません

離婚をする場合、自分自身に原因があって(浮気や暴力など)離婚に至った場合、慰謝料を請求されることがあります。

 

金額は精神的苦痛の度合いや、状況、持っている資産などによってまちまちですが、数千円数万円と、子どものお小遣い程度のわけはありません。

 

いきなる数百万円を請求されても支払えるわけないですよね。

 

そんなとき、消費者金融が役に立ちます。

 

限度額は500万円?800万円という会社がほとんどで、中には1000万円というものも存在します。
当然、ボーナス等々で返済のあてがないことには借りることすらできないでしょうが、一時的にでもこれだけの金額が手元に入ることは非常にありがたいのではないでしょうか。

 

 

元夫婦でも見栄は張りたい

離婚が成立すると、慰謝料やら養育費やらについて話し合いが持たれます。

 

また、財産分与という略奪も行われるのです。これまで2人で暮らしてきて購入したものなどを公平に互いに分け合うということです。

 

家具や何かであれば持っていってもらっても大して差し支えないのでしょうが、持ち家の場合、どちらかが住み続けるのであれば、金額査定をしてその分を現金で支払いということにもなりかねません。

 

その際に、支払いを猶予してもらう、もしくは月割りで支払うという方法もありますが、離婚後まで相手と関係性を保ちたくはないもの。

 

できれば現金一括でといきたいですよね。
そんなときも消費者金融を利用するのが良いでしょう。

 

スパッと別れ際に払ってやりましょう。
夫婦と言えども最後くらい見栄くらいは張りたいですよね。

 

 

長く出費が必要な養育費

離婚後のお金の問題でやっかいなのが一つ。それは養育費です。

 

子どもが高校を卒業するまで、成人するまで、大学を卒業するまでと各家庭によってそれぞれですが、金額に差はあれど、今までの生活にどんとのしかかるのは間違いありません。

 

そういった長期的な支払いに関しても消費者金融を利用すると便利です。
長期的なローンを組んでサポートをしてもらうことで支払い計画を立てることが容易になります。

 

【まとめ】

離婚をして自由を手に入れる代わりに、出ていくものもたくさんあります。
伴侶だけが出ていくわけではないのです。
それも、一時的に出ていくお金もあれば、長期的に出ていくお金もあります。

 

手元にお金がないのに離婚をしてしまった場合には、どちらにも対応できる消費者金融を使うのがオススメです。