お金の貸し借りは友達よりも消費者金融のほうがいい理由

気持ちよくお金を借りよう

友達 お金の貸し借り

 

お金で壊れる友情

「ちょっとお金貸して」友人同士でよくある会話ですが、これには重要な落とし穴があります。

 

借りた金を返し忘れる、または貸したことを忘れてしまうことです。貸したことを忘れるくらいならまだいいのですが、返し忘れるのは友情にヒビが入る原因になりかねません。

 

高額であればその分ヒビも大きいですが、少額と言えどもあなどれません。

 

そして、友達だし、数千円、数万円くらいであればとわざわざ契約書を交わすことはないのではないでしょうか。

 

お金を借りたことを認識していて、返済を伸ばしてくれと言うならまだしも、貸した、借りてないの論争に発展することもあります。

 

友人同士でお金を貸し借りするのはそのようなリスクがはらんでいることを理解しましょう。

 

きちんと契約書を交わすから大丈夫かというとそこも微妙な問題があります。

 

貸した側からすると、借りた方への優越感が湧き、見下すような態度を取ってくるかもしれません。
これも友情を維持するには重大なリスクであることは間違いありません。
友情を大切にしたいなら、友人同士の貸し借りは避けた方が無難です。

 

 

消費者金融のいいところ

友達にお金を借りないならどうすれば良いのでしょうか。自力で金策が難しければ消費者金融に借りましょう。

 

消費者金融をオススメするのは、ビジネスとしてお金を貸してくれるからです。

 

契約書をちゃんと交わし、返済日を設け、借りた手数料として利息を支払います。

 

このドライでビジネスライクなところが気持ちいいのです。友人にお金を借りる場合、自分の立場もありますし、何か恥ずかしいような気持ちさえすることがあります。

 

そして借りた後もバツが悪い気持ちを持ちながらお金を返すことになるのです。

 

そんな思いをしながらお金を借りるくらいならいっそビジネスライクに消費者金融から借りてしまった方が気持ちよく借りれますし、気持ちよく返すことができます。

 

【まとめ】

お金の貸し借りで友情が壊れることは古今東西どこにでもありふれた話です。
そんなリスクを犯すのであれば、ドライだけれどもビジネスライクで気持ちよく借りれる消費者金融のほうがいいのは自明の理でしょう。

 

友情も壊さず、必要なお金も借りれる。
お金を借りるなら消費者金融が一番便利です。